奥穂高岳 直登ルンぜ

2015.05.02~03 晴れ OYAZI, わさび。
DSCN3707.jpg
2日、9:30上高地発。目指すは吊り尾根左側の奥穂です。


DSCN3708.jpg
10:55徳沢。 もうしばらくしてから新緑のキャンプは最高でしょう。


DSCN3709.jpg
11:55横尾。少し重くなりますがズック靴で歩きました。この方が良さそうです。

DSCN3711.jpg
14:05横尾本谷出合。本谷橋辺りまでズック靴(デポ)で以降小屋までシール歩行です。


DSCN3713.jpg
14:55。ヒュツテ、奥穂が見えてきました。


DSCN3716.jpg
15:30涸沢小屋泊。ここまで難所は在りません。


DSCN3719.jpg
3日、5:30朝食、5:55発。頂上まで靴アイゼンで。


DSCN3720.jpg
直登ルンぜ。小屋番の話で薄くはなっているが繋がっているとの事でした。


DSCN3721.jpg
前穂北尾根。へリが飛んでましたが帰宅後事故を知りました。現場近くで今年2回目です。


DSCN3724.jpg
7:50穂高岳山荘。梯子、鎖場は残雪無し、三点支持で。 今日のスキーは我々だけのようです。


DSCN3726.jpg
頂上まで二ヶ所の雪壁が在ります。


DSCN3729.jpg
9:10奥穂高岳。久々の3000メートル峰です。


DSCN3738.jpg
ジャンダルム、右奥に白山。


DSCN3732.jpg
槍ヶ岳。


DSCN3739.jpg
9:50ドロップです。緑星マークが頂上ですがOYAZIに直下を偵察してもらいましたが残雪が少ない?為狭く急なうえに緩みすぎのようで転倒すると岩に激突しそうで一段下の赤矢印からのスタートです。
まずわさびが先行し1ピッチ滑降、OYAZIを待ちます。ここでトラブル発生。見上げていると板が一本滑って行くではありませんか!え・えー?次に岩陰からOYAZIが滑落して来る。わさびただ見てるだけ、勿論何もできません。約50mの滑落。黄線。第一ターンの際板を岩にぶつけ外れたらしい。スキーブレーキは付いているものの流れ止めは無しだった。足を岩に激突させたみたいだが大丈夫のようだ。良かったー。板の行方が心配だったが滑落停止位置から約50m下に発見、ステップを作り装着、ひと安心です。  OYAZI無念のクライムダウンです。


DSCN3741.jpg
11:00涸沢テント村。ザイデングラードに出るとグサグサ雪と縦溝で滑りは楽しめず雪崩を誘発させないか気を使いました。
あとはのんびりと上高地まで。老若男女が大型ザックで多数入下山、さすがに穂高ですね。
12:25横尾。15:35河童橋。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよd(^^*)

一種の告白みたいで照れますが…
わさびさんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いました(+´∀`+)

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しました(◎>U<◎)
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみにわさびさんからの連絡待ってますo(^◇^)o

No title

よくぞこんなショボイブログにコメントを。
どなたか存じませぬがそんなに誉めまくられると怪しいコメントかなと思ったり。
こちらも ドキドキ です!(笑)。
プロフィール

わさび

Author:わさび
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード